So-net無料ブログ作成

目に入れば痛い [哀]

わたしの右頬に感じる圧力で目が覚めた。
04:45だ。

娘の左拳がわたしの右頬をぐいぐい押していたのだ。
眠っている娘本人は気持良く伸びているだけだろうが、
押されたわたしは、暗闇のなかでしばし状況が飲み込めなかった。

やれ部活だ漢検だ秋祭りのピアノ伴奏の稽古だ舞台練習だと、
忙しい土曜日を終えた娘は帰りの車中で撃沈し、
「今日お父さんいないならお母さんといっしょに寝たい」と頼まれ、
かわいさに負けて承諾した結果がこれだ。

もっとも、
娘が幼児期のころは、
川の字に寝ていると勢いよく寝返った娘の腕が、
何故か鱈の頬に飛び、
「パシッ」「いてっ」という連続したふたつの音で目が覚めていたものだ。
懐かしく思い出しもする。

今朝は「銀魂見るから必ず起こして」と言うから、
06:00になったのを見計らって起こしてみるが、
ばったり寝ていてぜんぜん起きない。
さもありなん、である。

娘はかわいいが、
やはり、痛いものは痛い。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。