So-net無料ブログ作成

盲導犬以上 [ぶつぶつ]

今日は休みだったので、この本を読んだ。

クイール流 愛犬のしつけ方

クイール流 愛犬のしつけ方

  • 作者: 多和田 悟
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2004/03
  • メディア: 単行本

「何度言っても宿題をやってきません。」
「何度言っても忘れ物をしてきます。」
「何度言ってもうそをつきます。」
ももの担任の先生が怒っておられるようだ。

怒ってもだめなら、良くできたとき褒めてみ鱈どうでしょうなんて
以前頼んでみたのだが、
「ひとりっこなので甘やかしている。」とおっしゃるだけだ。

盲導犬を訓練するとき、
「言うことをきく犬」を目指してはいけないのだそうで、
飼い主がgoと命令しても、
安全でないことが見えるのは盲導犬なので、
言うことをきかず誘導しない子が合格。
これから渡ろうとするコースが安全で尚且つgoと命令されたときのみ、
飼い主を誘導しなければならない。

それには、
叱ったり餌で釣ったりせず、
出来たときにgoodと言うのだそうだ。
犬でさえそうなのだから、
人間にもこの方法のほうが有効だと
私は思うのだが。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(1) 

nice! 1

コメント 1

もんとれ

ナイス押そうとし鱈、もう押してるヒトがいるな・・って、自分か。感じ入る部分て、ヒトはそうそう変わらないってことですね。
by もんとれ (2007-04-17 23:51) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。